親子風呂

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく5才と2才とサラリーマン


【育休パパ】1日目:移住 〜そして、主夫になる〜





 

パパの育休に罪はない

育休国会議員の不倫問題でパパの育休がイメージダウンしやしないかと懸念しております。
奇しくも、認可保育園選考問題が昨日もスッキリで特集されていたように、新年度ってなにかと子育てにパワーが必要な時期ですよね。
 
僕自身、長男が1才になって、妻の復職&保育園入園に際して短期の育休を取得したことがあります。
3月中旬〜GWまでの46日間の主夫生活。
もう4年前のことになりますが、当時の日記をアップしながら、それなりにちゃんと子育て参加している育休男子もいるよ。というノリで発信していきたいと思います。
これから年度またぎに向けてそういうことを考えている人のなんかの参考になれば。
 

育休の前提

なぜ、育休を取るとこになったのか。ややこしい説明ははしょりますが↓のような理由です。
 
  • 妻の復職が地方だった
  • 遠方のため実家の力が借りられない
  • 慣らし保育などが必要
当時、僕は東京勤務、妻は香川県勤務で結婚、出産。
産休〜1才までは東京で共同生活をしていましたが、いよいよ元の職場に復帰するとなると、東京と香川の別居生活がスタートします。
母子2人の新生活の立ち上げはさすがにキツいだろうということで、会社にムリ言って怒涛の46連休をもらうことにしました!
 

パパの育休1日目:移住

主夫業習得のための46日間の修行がはじまりました。 
要するに妻復職のサポートという名目で怒涛の46連休をとったワケで。 
しかも年度またぎなワケで…
各方面に不安は尽きないけど、とにかくそうなワケで。
f:id:oyaco_blog:20160224023446j:image
 
きょうは高松の仮住まいに移住の日。
いつの間にか香川県はうどん県に改名されてました。
地図にはまだ反映されてないみたい。
f:id:oyaco_blog:20160224023458j:image
 
実家のお義父さんにも手伝っていただきつつお引越し、それだけでやたら疲れたような。
 
空港バスの運転手さんが子連れ客にものすごく親切にしてくれて、さっそく地方の暖かさを感じたなぁ。 
そうそう、こんな感じやった。 
俺もこの修行で暖かな心を取り戻せるか!
どうか… 
がんばろう。 
 
仮住まいは経費削減のため1K布団生活です。
f:id:oyaco_blog:20160224023539j:image
 
 
〜この日記は2012年3月22日に記しました〜
 
過去日記なので、これからテンポよく公開していきます!よろしくです。