おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【海外】エジプトのカイロに来ています:入国編 (2016年4月)





f:id:oyaco_blog:20160421141357j:image

さて、前回の続きです。

ひょんなことから仕事をしでエジプトのカイロに来ています。記事はドーハのハマド国際空港の乗り継ぎから再スタート!
 

親切な係員にご用心?

ドーハのハマド国際空港はデカい。
カタール航空を利用して羽田→ドーハ(カタール)→カイロ(エジプト)という具合に移動する訳ですが、とにかく空港がデカい! 
 
3時間弱の乗り継ぎだったんだけど、フライト情報のディスプレイにカイロ行きの搭乗口がまだ載っておらず、とりあえずディスプレイの前にいる係員さんを発見。
 

係員 「おあなたはどこ行きですか?」(的な質問)
おやこ「カイロです」→搭乗券を見せる
係員 「Bの6です」
おやこ「ありがとう」

という感じで英語力がなくてもできる情報収集でB6に向かいました。
Bの6というのがまた遠くて、Bゲートのほぼ突端、、、
土地と金が余ってるのはわかったけど、もうちょっとコンパクトに作ってよ…


そろそろ搭乗時間の30分前かなってころに確認でディスプレイを見たら、

【QR1303 8:00 Cairo C-13】

ガーン!!

彼が間違っていたのか途中で搭乗口が変更になったのかは定かではありませんが、
それにしてもC-13って真反対じゃん!涙
大急ぎで歩いて20分ほどかけてC-13に向かいました。

f:id:oyaco_blog:20160421140540j:image

ドーハ空港(ハマド国際空港)をでうまく過ごすコツ
ぎりぎりまで空港中心部で待つこと

 

 

バルサのMSNが機内に!

無事乗り継ぎができたらカイロへ向かって出発。

 

ところでみなさんFCバルセロナのユニフォームの旨にカタール航空のロゴが入っているのをご存じでしょうか?
カタール航空はFCバルセロナのスポーンサーなんですね。というつながりもあってか、カタール航空のいわゆる「安全の手引」のビデオにFCバルセロナの面々が登場します。

f:id:oyaco_blog:20160421140653j:image

非常口の説明を聞くメッシ↓

f:id:oyaco_blog:20160421140635j:image


不時着時の姿勢を取る選手に向かってフリーキックするネイマール↓

f:id:oyaco_blog:20160421140709j:image


オチに使われるスアレス↓

f:id:oyaco_blog:20160421140716j:image


最近の航空会社ってこういうビデオ制作しているとこが増えてるのかな。UNITEDもそうでした。
こういう遊び心を見ると日本の航空会社ってクソマジメだなぁとつくづく思います。

ちなみに3時間弱のフライトで出た機内食↓

f:id:oyaco_blog:20160421140747j:image

ラムかチキンかでしたがチキンを選択。めちゃめちゃおいしかったです。


カタール航空を楽しむコツ
バルサメンバー出演の安全の手引ビデオをお見逃しなく

 

 

カイロ入国

さて、海外と言えばドキドキなのが入国ですよね。
これは国によってマチマチな印象があります。

 

事前に観光ビザを代理店などが取ってくれたり
アメリカのように自分でESTAの申請をしたり

エジプトの場合は、、、ビザを空港の銀行で買います!!!


しかも米ドルで25ドル。
これ事前に知らなかったらヤバくない?

f:id:oyaco_blog:20160421140836j:image

ご覧のとおり、到着ロビーに突如現れる銀行窓口。でも「ここでビザを買って入国手続きに向かって下さい」などまったく書いてません。
入国審査場にもそんな表示はなく、、、
長蛇の列に並んでやっと順番が回ってきたと思ったら買いにいかされるというシーンをかなり見かけました。
一言書いときゃいいだけのに!そういう当たり前に思えることも当り前じゃない、海外。ステキです笑


僕はというと地球の歩き方様や現地の社員からの案内で知っていたので羽田で両替しておいた米ドルでビザのシールを購入、自分の好きなページにペタリと貼って問題なく入国できました。

f:id:oyaco_blog:20160421140912j:image
お釣りはエジプトポンドでもらうこともできます。
(入国審査場はさすがに写真なし)

 

カイロ入国のコツ

米ドルを持参してビザを買う

 

 

カイロ税関!

最後の難関、税関です。別に脱税する訳ではないんですが、現地の社員に渡さなきゃいけない機材をいくつか持っています。
「関税の対象じゃないなら堂々といけばいいじゃん」と思いますよね?
しかしそういう常識が通用しないのがエジプト!ってか途上国!
なんやかんやいちゃもんつけて、なかなか通関させようとせず(賄賂を要求してんのか!?)というトラブルの話をよく耳にするのです。
僕の前任者はそれにひっかかって荷物を取り戻すのに3日ぐらいかかったとか!驚愕です。

 

今回の仕事の最大のミッションと位置付けている『通関』

f:id:oyaco_blog:20160421141129j:image

いたるとこでなんやかんや言われている人々の様子をうかがいつつ…

 f:id:oyaco_blog:20160421141209j:image

 

スルっ。

 

あれ?

 

パスポート見せたらすんなり通りました。

セーーーーーフ!!

そうです、通関だけはもう『運』としか言いようがありませんね。

エジプト通関のコツ
とにかく観光客らしい格好、観光客らしい荷物で。目立たないこと。

 

やった!無事エジプト入国です!!!!

次回へ続く