おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【熊本地震】被災者住宅ローン戦士に知ってほしい!被災ローン減免制度





f:id:oyaco_blog:20160428132336j:image
大好きなNHKの桑子アナウンサーをながら見しつつ、ぼーっとしていたら「時論公論」が始まっていました。
普段ならテレビを消して寝るとこですが、目に入った文字がやけに気になる…

被災ローン減免制度

これって…

すげー大事な話じゃね!?食い入るようにメモしながら見てしまいました。被災地の住宅ローン戦士の同志たちにゼヒ知ってほしい!


被災ローン減免制度とは

不幸中の幸いというのは不謹慎でしょうか。しかしそうなのかもしれない。
今月(2016年4月)から運用が始まった制度だそうです。そして早速今回の地震が災害救助法に適用され、この制度の対象になったのです。


対象になるローン戦士

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 個人事務ローン
住宅や勤務先、事業所などが被害にあったことによって、ローンが「返せなくなった」「返せなくなる見通し」という人だそうです。その効果はというと、

  • 最大500万円と、公的な支援金などを手元に残すことができる
  • 自己破産とは違い、将来またローンを借りることもできる


判断の目安

ローン減免の対象となる人の目安はこんなことでした↓

  • 世帯の年収が730万円未満
  • ローンの返済額+今後の家賃などが年収の40%以上になる
しかしこれはあくまでも目安で、家族構成やローン残高を勘案して金融機関が総合的に判断するんだとか。


適応の手順

手順はこんな感じだそうです
  1. もっとも多い額を借りている金融機関に申し出る
  2. 地元の弁護士会などから無料の支援を受けて書類を提出
  3. この時点で「ローン返済の一時停止」となる
  4. そのあとは複数のローンを借りている場合は他の金融機関の同意を取り付けたり、返済可能な額と減免する額のプランを立て直して、簡易裁判所だかで正式に決定するとかなんとか。

細かいことはしかるべき人が教えてくれるとして、とにかく「ローン返済の一時停止」に早く辿り着くことがまず第一歩なんじゃないだろーか

無理してローン返済や二重ローンをして、生活が立ち行かなくなったり、子供が夢を諦めたりなんてことにはならないでほしい。


被災者に対する周知を!

被災者もかなりの人が知らないと思われます。だって今月から始まった制度だもん!下手したら現地の行員の方にも情報が行き渡ってないとかありえるのかな。

『ローン減免』なんて言葉なかなか思いつかないから、
「被災者 住宅ローン」
「熊本地震 住宅ローン」
「被災 ローン 免除」
なんでもいいから検索して引っかかってくれー
この制度が被災者に広く周知され、苦しみの一端を少しでも取り除けますように。


2つのポイント

NHKの今井解説員は2つのポイントを上げていました。
  1. 一刻も早い周知を!
  2. 金融機関は積極的な対応を!
ほんとですね。一刻も早く、被災者に届いてほしいこの情報。東日本大震災の時はあえて周知しない金融機関もあったとか、、、残念なことです。
そう、金融機関の方々に積極的に対応していただきたい。目先の損はあるでしょうが、踏ん張ってほしい。一度崩れたところから跳ね上がる反動に賭けてほしい。ニッポンの商い根性を出してほしい、と願うばかりです。


被災ローン減免の窓口

  • 総務省の周知
わかりずれーよーーーT^T

  • 金融庁の相談窓口 0120-156-811
  • 熊本県弁護士会相談窓口 0120-587-858


被災者に知ってほしい情報他にも

他にも結構重要な情報を発信してるようですよ。
図解でわかりやすい。やるなNHKの解説員室。


じゃあお前はなにすんだ?

まだ大きな寄付はできていませんが、少ししたらまずは熊本観光に行こうと思います。
大好きな黒川温泉は大丈夫だったのかな。大好きな黒亭ラーメンは大丈夫だったのかな。阿蘇にも行こう。何度も行ってたくさんお金使い、その旅行記を発信しよううと思います。

あ、その前にくまモングッズでも買うか?



1人でも多くの被災者ローン戦士に届きますように。