おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【子出かけ】GW後半戦間に合う!? フォレストアドベンチャーで得られる子の成長





久しぶりの子出かけ記事です。
「子出かけ」って何それ?という方はこちらをご覧下さい↓


山梨県小菅村

さて、GW前半戦で山梨県小菅村にキャンプしに行ってきましたよ。知る人ぞ知る「ほうれん坊の森キャンプ場」です。

キャンプ場のまとめはまた書くとして、はじめてチャレンジして大感動した、フォレストアドベンチャー・こすげについて書いてみます。
f:id:oyaco_blog:20160501204836j:image

フォレストアドベンチャー・こすげ

山梨県小菅村の道の駅こすげに併設されたアスレチック施設です。

ただのアスレチックと侮るなかれ、地上15mほどの高さで木と木の間を綱渡りしたり、ターザン(ジップスライド)したりとスリル満点です!
f:id:oyaco_blog:20160501205057j:image

キャノピーコース

とは言えさすがに子出かけで地上15mは激しすぎるので、キャノピーコースという子供向けコースにチャレンジしてみました。

身長制限
制限は身長110cm以上。5才なら平均的に達してる高さじゃないかな。

料金
1人2600円。子供料金設定がないのでちょっとお高めかな。かなり迷いましたが、結論、値段以上の価値アリ!

難易度
普段の公園でちょっと高いところでもダメ!って子は難しいかもしれません。でもウチの長男ピロは巨大すべり台とかニガテでしたが大丈夫でした(^^)
f:id:oyaco_blog:20160501205131j:image


フォレストアドベンチャーで得られるもの

フォレストアドベンチャーの中の様子を見学するのは自由。ちょっと興味本位で入ってみたら意外にも怖がりのピロがやりたがったんです。

度胸と勇気

もちろん度胸がつくのは間違いないです。そして、はじめてしまえば基本的には後戻りできず、大人の手助けもなしの状況の中、怖さを克服して難関に立ち向かう勇気が出てくるのを肌で感じました!
f:id:oyaco_blog:20160501205150j:image

工夫する力

課題ごとのやり方の説明などありません。目の前にある課題をどうクリアするかは、人の様子を見たり自分で考えるしかありません。
これが5才ぐらいにはちょうどいい。
2本綱渡りでは誰もやってない方法でクリアして感動しました!
f:id:oyaco_blog:20160501205205j:image

ルールを守る力

危険と隣り合わせの遊具でルールを守って安全に遊ぶことは何よりも大事なこと。普段の遊びでも、生活の中でもルールが大切なのは口酸っぱく言ってるつもりですがなかなか…
しかし、いざ、自分が危険の真っ只中に入った時に肌で感じるものがあんでしょうね!ルールを守るという緊張感が息子の表情から読み取れましたよ。
f:id:oyaco_blog:20160501205239j:image

森林は友達

代々木公園大好きってこともあって、普段から遊びは緑の中な家族です。
普段のピロ(小さい頃は砂場の段差も怖がってた)なら絶対怖いであろうチャレンジも木々のぬくもりの中のアドベンチャーだったからこそ達成できたのかもしれません!森林は友達だ!

フォレストアドベンチャーは命綱こそワイヤーですが、下の地面は土と葉っぱ、ジップスライドの着地のクッションはおがくず。遊ぶのも森林、守ってくれるのも森林。

心地よく、心強い友達と成長できるアドベンチャーでした。


GW後半戦は間に合うの?

今回ピロが体験した小さい子向けキャノピーコースは1時間毎のスタートで、1回につき6組程度。
もちろん大変な混雑なのですが、朝一で電話して、枠を予約することができました。
もしかしたら日にち指定の予約もできるかもなので、聞いてみて下さい。


アクセス

今回僕らは
中央道→大月IC→40分ほど
↑のルートで行きました。小菅村直前に新しいトンネルが出来てるので道は快適。

友人は
中央道→八王子で圏央道→日の出→60分?
↑のルートで行ったみたい。中央道の渋滞具合で判断してもいいかもですね。


ではGW後半戦、よい休日を〜♪