読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子風呂

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく5才と2才とサラリーマン


【子出かけ】「子ども向けじゃない」がいい、子どもと渋谷でボーリング♪





f:id:oyaco_blog:20160813222742j:image
この夏、遠出の予定がなくなってしまった我が家です。

物欲のない我が家にとっては郊外のショッピングモールは疲れるだけだし、遊園地も混んでて暑いだろうし、世田谷公園プールで長男のペルバンギーナがぶり返しても嫌だし…ということで最近Wiiのボーリングにハマってる子どもたちにホンモノのボーリングを体験させてあげることにしました(^^)

ヤボ用がてら渋谷へ。

渋谷のボーリング場は駅近なのがうれしい↓


渋谷で子ども連れボーリング

子ども連れで渋谷なんて、そっちの方がよっぽど疲れるだろ!
とツッコミたくなることと思いますが、しんどいのは駅だけで案外楽チンだったので、そこんとこご紹介しましょう。

まず、渋谷宮益坂あたりの交差点でマリオカートに出会えます!(たまたまですが)
f:id:oyaco_blog:20160813214604j:image


「子ども向けじゃない」がいい

渋谷って、基本的に子ども向けに作られた街じゃないですね。でもそこがむしろいいのかもしれない。

ひっそりと佇む、流行遅れのボーリング場の割には混んでました。さすがに夏休みの土曜だからかな。
待ち時間は30分程度。
お客さんのほとんどが学生さん風。
お行儀よく入り口の狭いベンチに座ってる訳ですが、その奥にはカフェが。

ふむふむ、ここは社会人の羽振りをいかしてカフェで待つことにします笑

と言っても、コーヒーだけなら350円、ケーキセットでも650円だからスタバぐらいの値段設定だよね。
その上、ボーリング待ちのお客さんは20%オフだから2人前を家族4人でシェアすれば1000円程度です(^^)
f:id:oyaco_blog:20160813215638j:image

そして、

「子ども向けじゃない」のよさ①

おしゃれ(キレイ)

f:id:oyaco_blog:20160813220000j:image

学生さんもなかなか利用してくれないから、大人向けのカフェなんでしょうね。キレイで広い。
4人1000円以下でこんだけのパーソナルスペースが確保できるカフェってなかなかないですね。


「子ども向けじゃない」のよさ②

おいしい
子ども向けのレストランがマズいとは言いませんが…少なくとも大人が満足できるメニューではない気がしませんか?
f:id:oyaco_blog:20160813220743j:image
おいしかったです。
特にショコラケーキの濃厚なこと♪


「子ども向けじゃない」のよさ③

子どもがいない。
こども嫌いとかじゃないですよ?笑
でも、子どもや子育て世代をターゲットにしたショッピングモールなどは当たり前だけど、子どもが多いため、子どもたちもはしゃぐテンションになりがち。
他の子とぶつかったり、体験オモチャでケンカになっちゃったりと、子ども向けのスペースの方がむしろ気を使うという矛盾が生じがちです。
f:id:oyaco_blog:20160813220622j:image
子どもが自分たちだけなら、文字通り大人しく目の前のケーキと、目の前の珍しい光景を楽しんでくれます。
f:id:oyaco_blog:20160813221030j:image

「子ども向けじゃない」のよさ④

ガチャガチャがない
読んで字のごとくでごさいます。


「子ども向けじゃない」こともない!

さんざん「子ども向けじゃない」とか言ってますが、ボーリング場のサービスは意外にも子ども向けサービスが整ってました!笑
申し込みの段階で要望しておけば以下のような子ども向けサービスが受けられました。

「子ども向けだった」サービス①

子ども用サイズの靴

16cmから用意してくれていました。

3才の次男ユウがちょうどいいぐらい、気に入りすぎて帰りに脱ぎたがらないというプチトラブル笑



「子ども向けだった」サービス②

ガーターなしのレーン

よくあるやつです↓

f:id:oyaco_blog:20160813221451j:image


「子ども向けだった」サービス③

キッズ用ボールと滑り台

これは初めて見ました(^^)
イマドキのボーリング場なら当たり前なのかな?次男は今回はムリかなーと思ってただけにこれは思わぬ収穫でした♪
f:id:oyaco_blog:20160813221943j:image

とまぁ「子ども向けじゃない」街のいいところと「子ども向けだった」サービスのいいところを存分に味わった、子どもと渋谷でボーリング。でした(^^)

みなさんもこの躍動感をゼヒ!
f:id:oyaco_blog:20160813222126j:image


「子出かけ」子どもとお出かけ、からの造語。
みなさんも使ってみて下さいな♪