おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【リオ五輪】競歩の荒井選手の銅メダルをめぐる激闘の一部始終!





f:id:oyaco_blog:20160820075453j:image
クネクネクネクネ。

なんかへんちくりんな競技にみえる競歩。
なんでマラソンじゃなく競歩?とツッコミがちな競歩。
日の当たらない競技と思ってた競歩。


それを払拭するぞ荒井選手!おめでとう!
銅メダルおめでとう!!!


でも僕もそう思っていた人間の1人です、ごめんなさい…


競歩という競技

今回は競歩50kmの30km地点からのライブ観戦。
競歩がこんなに目の離せない競技だったとは!

  • マラソンより遅いのにマラソンより長い
  • 「歩く」ルールの失格があり得る緊張感
  • ジリっ、ジリっとと奪われる体力
  • ジリっ、ジリっと詰める差
  • ジリっ、ジリっと詰められる差の駆け引き

相当な体力と精神力が求められる過酷な競技じゃなかろうか。荒井選手もタフな練習を積み重ねてきたことだろう。日焼けしすぎな肌色が彼の練習量を物語っている。


抜け出し独走と思った選手が落ちる
脱落したと思った選手が息を吹き返す
比較的長距離競技も見る方の僕ですが、マラソンではなかなかない入れ替わりが起きる競歩。どういうこと?と思うシーンが何度もあった。


荒井選手の銅メダルもまさにその展開


一時はトップを独走したカナダのダンフィーが2位集団に飲み込まれ、のち脱落。
2位集団にいた荒井選手は3位に定着。
ここはマラソンでもよく見る光景、荒井選手のペースは落ちてない、表情もキツくない。

ほぼ安心して観戦していた残り数kmのところで、脱落したはずのダンフィーが復活!

ジリっ、ジリっ、と荒井選手に詰め寄る…
むちゃくちゃ怖い(°_°)
f:id:oyaco_blog:20160820014747j:image


もうなんか、
走って逃げてーーーー!!!
っていうモゾモゾする観戦!
テレビの前で足踏みしてしまったよ。笑

残り2kmぐらいで追いつかれ、抜かれる!
もうダメだ〜
f:id:oyaco_blog:20160820020525j:image

と思ったその時に解説者の「ここ絶対我慢ですよ!」が聞こえたかのような巻き返し!
追いすがる荒井!
並ぶ!
解説者「そうそうそうそう!」
わずかな接触を肘で振り払うダンフィー!
f:id:oyaco_blog:20160820011839j:image

離れない荒井、
巻き返す荒井!
並ぶ!抜くっ!?


瞬間、ガクンっ!と落ちるダンフィーの膝!
ふらつく!

なんだ君、ふらふらじゃないか!(°_°)
f:id:oyaco_blog:20160820015515j:image
脱水か筋肉的なものかわからないけど、ガクガクするダンフィー
よーその状態で追いついたな(°_°)
限界を超えて振り絞って追いついたんだ。スゴい。

その後も何度かフラつく。もう再び巻き返す力は残っていないダンフィー
荒井選手の気迫と根性に銅メダルがもたされました。
おめでとう銅メダル!
f:id:oyaco_blog:20160820012511j:image

同時に、ダンフィーの気迫に脱帽
恐るべし競歩!


と、思ったのに…
荒井選手、失格だって…
マジか。んなアホな。

ダンフィーがこずいたようにも見えたが…
わざわざ狭いとこを通ったのがダメなのか。
あのぐらいの接触はあるだろうよ。
悔しい。
というところまで書いたけど…
このままアップするのが悔しくて、日本の抗議が認められることを祈って寝たところ…
起きたら銅メダルしとるやん!

いや〜、やはり一筋縄ではいかないぜ競歩!


競歩の荒井選手を讃えよう

きっと、今日のテレビはシンクロの銅メダル獲得が大きく取り上げられるだろう。
たしかに僕もライブで観戦しましたよ、感動しましたよ〜T^T

でもここは競歩の荒井選手を讃えよう!
テレビでは接触にまつわるごたごたしか放映されないかもしれない、しかしその銅メダルをめぐるダンフィーとの激戦はこんなにもドラマチックだったんです。


ダンフィーもいいヤツ

ダンフィー選手の悔しさもわかる…彼はいいヤツなんです。競技中に身体の不調で脱落した不運の世界記録保持者デニズを抜き去る時には、一時並んで励ましてやるような、そんないいヤツなんです。

接触したから勝ったわけじゃない。
日焼けしすぎだろソレ!な練習量と尋常じゃない精神力で銅メダルをめぐる激闘を制した荒井選手をゼヒみなさんも讃えてくだされ!

急に競歩ファンになったおやこより。



人生を諭す、次男の歌もよろしく↓