読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子風呂

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく5才と2才とサラリーマン


この世からブスなんていなくなる日





f:id:oyaco_blog:20160829094815j:image

“この世にブスな女性なんていない、そう思う奴が、その女性(ひと)の魅力を見つけられないだけだ”

こんな名言をご存知でしょうか?

僕の同僚のイケメンくんの言葉です…
って知るわけねーか。

大真面目でこんなこと言うから「惚れる〜。俺もいつか使おう!」と、めもめもしてたので今使いました。


と、これだけだとブログ的にはたいへん字足らずなのでもう少し。


急にどうしたんですか?

え?急にどうしたのって?そうそう、こんな気になるタイトルの記事を見つけたんです↓
ピーラッツさんの頃から読ませてもらってる、りえさんの記事です。

たしかーに、もし自分のことがブスだと思っていて、それを理由にネガティブな考えに陥っていたらそら超つまらんでしょうし、まわりも超つまらない。
(でも大丈夫ウチのイケメンくんに言わせればブサイク女性なんていないから!笑)

というワケで、勝手にテーマとして引用させていただき、勝手に男目線で補足して、勝手になんかそれっぽい感じにまとめてみようと思います。


ブスはいるのか?

いきなり危なっかしい振りですが…彼はいないと言うけど、本当にそうなのか?

男目線で言えば…
んー。いないかも!

りえさんの言うとおり、必要以上にネガティブになってるとブスに見える。ってだけの話で、彼(同僚)の言うことも一理ある。やっぱイケメンの言うことは違うな。
本質的ブスはいない。



愛嬌でだいぶちがう

20代はいってから単純な容姿だけでブスだとか言うことはなくなりました。
男側が大人になってきて、容姿だけで女性を見ることがなくなったからかな。そんなに気にしないで下さい。
やっぱりポイントは性格なんでしょうね。

愛嬌があると容姿に関わらずすごく馴染むんだけど、しかし男目線からすると、愛嬌の意味を間違ってる場合もあるので気をつけてほしい。


愛嬌とは“自然体”とみつけたり


男から見た愛嬌間違いってこんな人

一、愛嬌とお笑い間違い

容姿がコンプレックスなのをごまかそうと、やたらお笑い芸人的なノリで振る舞う女性。
やりすぎです。
森三中や渡辺直美は別枠で考えて下さい。
お笑い芸人キャラは一緒にいてキツイパターンが多い。ちなみに「陰キャラなのに、お笑いにやたら詳しい」もちょっと違うかな(^^;
僕が思う愛嬌ってのは普通に会話が弾む人。例えばよく喋る男にとっては聞き上手な女性。


一、聞き上手と執拗な食いつき間違い
そうそう、聞き上手の女性は話好きの男からするととっても馴染みます。
しかし聞き上手を目指すあまり「私聞いてます!」と、きよし師匠ばりに見られるとだいぶ話しづらい…
さらに、おれはマキシマム・ザ・ホルモンか!と思わされるような頷きと言う名のヘドバンされてもだいぶ話しづらい…
聞き上手とは馴染むこと。
「会話をするときは相手の目をみなさい」とかよく言うけど、実際そういうシチュエーションはあまりなく…
電車、車、歩き、バー。自然に、視線を合わせない位置関係で話が弾むひとがいい。
横並びを制するもの、聞き上手を制す


一、美容と厚化粧間違い

ナチュラルメイクがいい、と男たちはよくいいます。目の大きさとか、お肌の状態にコンプレックスがあるからメイクで頑張ろうとするのかな。
あまりにも極端に作られた顔は逆にみてられない…
大丈夫、みんな笑ったときは目が細くなってるんだから。むしろ目が笑ってない女性嫌だわ。


一、美人とボディライン間違い
今日も通勤途中にお会いしましたが、自慢のボディラインをことさら強調するタイトなワンピースでお尻ふりふりされても…
グラビアやテレビなら別だけど、身近には必要ない刺激だわそれ。
スタイルがいいのは、スーツとか少し余裕のあるファッションでもわかりますから、足が長いのは足出さなくてもわかりますから!


一、かわいいとフリフリ間違い
それの対比というわけでもないけど、男たちはキレイ系よりかわいい系。とよく聞きませんか?
けど、ケド!DA•KE•DO!
その“かわいい”じゃないっ!

ってこともあります。それがかわいいのはぱみゅぱみゅか、竹下通りだけ!(アキバは行ったとこがないからわからないけど)
男たちがよく言うかわいいって、ちょっと前の earth music & ecology のCMみたいなそんな雰囲気じゃないかな。


それっぽいまとめ

いかがでしたでしょうか?
自然体な愛嬌のある女性はきっと容姿に関わらず男女の輪の中で馴染んでいて、自然な笑顔にあふれている。

りえさんのご指摘の通り、
社会は不公平だ。美人が得をし、ブスはつらい思いをすることがある。
たしかに美人、かわいいは得をする。
自分の胸に手をあてて考えてみても思いあたるふしは…ある。
けど、美人、かわいいは必ずしも容姿ではなく愛嬌も加味したそのひとそのひとの醸し出す雰囲気の話なんだと、一応社会の一員の僕は思うワケです。

“この世にブスな女性なんていない、そう思う奴が、その女性(ひと)の魅力を見つけられないだけだ”

そんな愛嬌を引き出せるかどうかも男の実力次第ってことなんでしょうね!
やっぱり本物のイケメンは言うことが違うな!
以上、ウチのイケメン自慢のコーナーでした笑

あ、彼は既婚です。
なんかすいません…