おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【男の育休8】ついに料理に挑戦!〜恥をしのんで、できない料理を晒す〜





f:id:oyaco_blog:20161001222608j:image

育児のための超連続休暇、略して育休中です。
予定日(10/5)まであと4日、予想出産日(10/1)当日。
ついに、陣痛到来か!
妻が「腰がおも〜い」と唸りはじめました。

むむむ…

夕方の5時。もうすぐご飯の時間だが、さすがに作ってくれとは言えない状況だ。ついに来たか、料理をしなければいけない時が。


料理ができないと悩んでいるそこのあなた!
安心して下さい。僕の方ができませんよ。
恥をしのんで、できないなりの料理を晒して行きます。
共に頑張りましょう。

そして、料理上手の我がブログ読者の奥様方、「なにそのやり方〜、マズそ〜」とか言わずに大目に見てくださいT^T


料理と僕

料理ができません。
男尊女卑とか、亭主関白ではありません。ただただ、できないのです!
あと、僕がやらなくても妻が作ってくれるし、美味しいので、わざわざ下手くそがやる必要もないということでもあります。

結婚7年で、材料からちゃんと作ったのは4、5回。いずれもカレーです。

カレーはまぁさすがにおいしくできますが、以前、市販の焼きそばセットを作ったのがクソマズくて心折れました。

あれから十数年…



焼きそばリベンジ

今夜はカレーのルーがなく、シチューも今週食べたばかり、立ちはだかるのは…焼きそばの麺。
焼きそばよ、またお前と顔を合わせる時がくるとはな。

今度こそ、、、

材料

  • 焼きそば2人前
  • キャベツ6分の1ぐらい
  • シャウエッセン1袋
  • ジャガイモ1個
  • 塩コショウ
  • 天かす
  • カツオの粉末

冷蔵庫にあまり肉、野菜がなかったので妻のアドバイスに従い、こんな材料を揃えてみました。
f:id:oyaco_blog:20161001220155j:image

ジャガイモは一昨日ぐらいに妻が茹でていたもの↓
f:id:oyaco_blog:20161001220234j:image

切ります!

トントントン。ゆっくりと、一刀一刀に心をこめて(遅いだけ…)

ほいっ↓

f:id:oyaco_blog:20161001220338j:image


炒めます!

なんとなく、ジャガイモがこんがりしたら美味しい気がしたので、先に入れてみました。
油はスーっほいっ、ぐらい。

シャウエッセンも加えてこんがりしてきました。↓
f:id:oyaco_blog:20161001220355j:image
なんとなく気分で塩コショウをササっと。

キャベツを投入!
f:id:oyaco_blog:20161001220628j:image

わぁ!なんか思ってたより多い!入れてみると多い!あぁ、マズい焼きそばの悪夢が!焦りはじめる僕。

麺を入れます

もう今さら引き返せない!キャベツも火が通ってきた気がする。とりあえず麺も入れちゃえ!
えいやっ↓
f:id:oyaco_blog:20161001220839j:image

なんか水を入れろと書いてあるっ!
あ、軽量スプーンがない。もういいやコップで適当にシャっと。

あ、なんか!なんか、どうかな、多すぎたかな。飛ばせ飛ばせ!慌てて強火にする僕。
あー、なんかダマになっちゃったかなー


味付けします

味付けといっても粉末ソースを加えるだけです。まんべんなく、まんべんなく…

あ、天かすとカツオの粉末入れろって言われてたんだった!今でいいのかな?わかんないけど入れちゃえ!

やぁ!↓
f:id:oyaco_blog:20161001221220j:image


盛り付けます

なんとなく、焼きそば色になってきた。色むらはない。味が均一に行き渡ってるのではないか?
慌てながらも見た目はそれらしく出来上がりました。
f:id:oyaco_blog:20161001221406j:image


実食します

妻と長男と僕。次男はお昼寝できなかったのでさっさと寝ちゃいました。

お味の方は…

うーん。



微妙!


ブログを盛り上げるほどマズくはなく、ブログを盛り上げるほどウマくもない。
陣痛騒ぎから復活した妻は「おいしい」とたくさんたべてくれました♪
長男は昼飯が遅かったのと、オヤツに大福を食べたのもあってか、ほとんど食べてくれませんでした…
ちょっとさみしい_φ(・_・


自分的にはそこそこの味だったので、焼きそばレベンジは達成ということでいいでしょう!
まぁ、採点的には50点かな。

妻の陣痛騒ぎは一旦落ち着き、今夜も眠りにつきました。
明日か、明後日か、妻出産に伴う入院の間の父子3人暮らしに向けて、これは小さな一歩だが、僕にとっては偉大な飛躍だ。


誰得?なお料理レビューですが、続けます笑