おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【働き方改革】サービス残業しない宣言!






昨夜も終電のがし。


今月の誓い。
サービス残業をしない

です。
「目標」なんて甘いもんじゃなく「誓い」です。
自分への。



ご多分にもれず、僕の会社でも「働き方改革」が、はじまりました。

すると、こないだまでサービス残業を放置してた管理職たちが、目の色変えて、「出社、退社の時間と残業申告時間がズレてちゃいけない」「ズレる場合は事由を書け」とはた迷惑なキャンペーンをはじめました。


僕の会社は割とサビ残に抵抗の少ない社員が多く、仕事を終わらすために、多少のサビ残はOKよ、という社員がチラホラいます。
それで仕事終わったほうが気分的にスッキリして次の日を迎えられたり休めたりしてたんです。


でも、それはあくまで『自分の意思で、仕事してたけど残業代の申告はある程度でとどめとく』というものであって、会社や上司に強要されているのもではない。だから許容できて気持ちよく帰ってたんですが、、、



ここ最近の働き方改革のせいで、残業代を申告しない場合には『仕事以外のことで社に残ってました、と書け』になってしまったんです。

さすがに、
sasugani!


働いてたのに『働いてませんでした』なんて書いてまでサビ残したいと思う訳がないので、


サービス残業をやめます




管理職たちなんて、もはや自分の意思を持たず、残業申告オンブズマンか申告時間チェックの事務員かって状態。
『職場』や『働き方』の根本を見直す改革なんて頭の片隅にもないようです。お上に逆らえないただの数字合わせ屋さんになりさがった管理職はむしろ憐れ。そんな奴らのためサビ残はもうしない。

と、決めました。



実際、月末に向けて残業限界の数字がきたら、サビ残せずに撤退するつもりです。サビ残でなんとかまわってた仕事が滞ってるのが目に見えてあらわれたとき、数字合わせ屋さん達がなんて言い出すかちょっと楽しみになってきた。

そんな師走の朝です。





サイボウズさん、こんなおもしろい広告戦略をはじめてますねー。とっても好きな会社です。



でも、さすがにこの働き方改革の件はちょっと不発なのかな。この対談はイマイチでした。もっとトリッキーな取り組み楽しみにしてます!