おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【iPhone】クリスマス会・忘年会ネタに、写真アプリのピープル機能がめっちゃ楽しい





iPhoneの写真アプリの「ピープル」機能がめっちゃ楽しいのをご存知でしょうか?

もし知らなかったらチャンス!
これ、クリスマス会・忘年会のネタにしてみて下さい。めっちゃ楽しいですよ♪


写真アプリの「ピープル」とは

このアプリの〜↓



アルバム表示の中のコレでっす↓


これの何がたのしいって?
もうちょい詳しく言うと、

iPhoneの写真アプリの「ピープル」機能の、「再検討が必要な写真があります」がめっちゃ楽しいんです♪



「再検討が必要な写真があります」とは、

ピープルの中から適当に1人タップしてみて下さい。

iPhoneが『その人が写ってる!』と判定した写真だけがランダムにズラッと並んで、自分の子の場合なんか、もう懐かしいやらかわいいやらで、何分でも時間がつぶせちゃうような、そんなすごありがたい仕事をiPhoneさんがしてくれてるわけなんですが、

iPhoneさんもさすがに機械。

写真に写る全ての人を正しく判定できないために、「この写真ってこの人かな〜?」と迷ってる顔の候補を出してくれるんです。

それが、「再検討が必要な写真があります」です。

こんな感じ↓


「再検討が必要な写真があります」の楽しみ方

これの何が楽しいかって?


あまり構えられると言い出すのもしのびないんですが、、、
こんな楽しさを僕のまわりで巻き起こしたのでご紹介しましょう。

  1. 微笑ましい編 :兄弟を間違える
  2. ちょい笑える編:親子が混じる
  3. 賑やか編:お友達と混ざる
  4. 爆笑編:親同士が混ざる
  5. 大爆笑編:全部同じ





1) 微笑ましい編 :兄弟を間違える

流石のiPhoneさん。小さな兄弟をも区別する能力を持ってます。しかし両親から見ても「あー、確かにこの写真写りだとめっちゃ似てるぅー」ていう珠玉の兄弟写真がリストアップされます。

ウチの次男の場合だとこんな感じ↓

わかるかな?
最近の三男と若き日の長男がリストアップされます。
「あー、言われてみれば、この頃似てるー」
などと、iPhoneさんに気がつかされることもあるでしょう(^^)


2)ちょい笑える編:親子が混じる

さすがに子どもと大人が混じることのないiPhoneさんですが、なんと、盲点!自分たちと親が混じるというケースが報告されています!笑
(我が妻の写真ですが)

うぉー、認めたくない!
認めたくないけどDNAには抗えないということか!


30中盤で60近い親と間違えられるとちょっとiPhoneさんに対してムカっとするそうです笑
なんか言い訳してました笑笑

これ↓


3)賑やか編:お友達と混ざる

こっからが「再検討が必要な写真があります」の盛り上がるとこ。
子どもの顔ってなんやかんやまだ定まってないのか。iPhoneさんがニガテとするとこなんですね。

このiPhoneさんも間違いは親同士で相当盛り上がりますよ♪
先日もLINEグループが大盛り上がりで「ウチもウチも!」と再検討のスクショ画像が大氾濫してました(^^)


↑これなんか、1人のピープルを巡って6人の子どもたちが名乗りを上げてます!笑
お前らどんだけ醤油顔なんや!とツッコミたくなりますね笑





4)爆笑編:親同士が混ざる

極めつけはこちら!
当たり前のことながら顔ははっきりしてるし、血のつながりもない。iPhoneさんの実力をもってすれば難なく判別できる完全なる他人。


これが、奇跡の1枚によって混ざることが稀にあるようです。

それがこちら!

いやー、見せたい!見せたいわ〜
僕の写真の中にお友達のパパが1人混入してしまってますー笑
なにをトチ狂ったのかiPhoneさん。あれ

しかも僕はヒゲがちょびっと生えてて、そのパパはつるっつる。間違うポイントはなにもないんだけど、そのパパの満面の笑みの勢いがiPhoneさんを混乱に陥れたのではないかという奇跡の1枚なのでしたー




5)大爆笑編:全部同じ

これはお友達のパパママさんに見せていただいたので、スクショは自重しますが、
そのママさんのピープルの中に旦那さんがいて、「再検討が必要な写真があります」をしたところ、全て旦那さん。

このおもしろポイントは、そもそもあきらかに同一人物の場合「再検討が必要な写真があります」そのものが出てこないんですが、その旦那さんの見た目の変遷がすごすぎて、iPhoneさんが同一人物が判断しかねる!という状況がみてとれます!笑

これには旦那さんのキャラもあいまって大爆笑でした〜♪♪




と、まあ楽しみ方は人それぞれ。
僕の例はファミリーだったけど、学生同士、バイト同士、社員同士など、さまざまな内輪ネタを盛り上げるのに一役買いそうな新規機能でしたね(^^)

クリスマス会や忘年会のネタにもなるかもしれないな〜と暗躍しております。
みなさまもおもしろい遊び方見つけたらゼヒおしえてください!


ではまた。