おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【エニカ】エニカオーナー3ヶ月の収入と体験談





こんばんは、おやこです。
東京都内の特に23区内ではマイカーを所有するメリットはほとんどないでしょう。

鉄道、地下鉄は充実してるし、カーシェアのステーションも多い。車で出かけても道は渋滞だし、駐車も面倒くさい。だからそんなに乗らないのに駐車場は高い。


けど、kedo!!

〜中略〜

てことで、ミニバン買っちゃったのが今年の春。
エニカのオーナーを初めたのはじめたのが今年の夏。
今回は、およそ3ヶ月でどのくらいの収入になったのか、どんな体験をしたのかお話しましょう。

エニカオーナーになったときの記事はこちら↓

[目次]



エニカオーナー3ヶ月

エニカで貸している車は日産セレナ。
めちゃめちゃ平凡なファミリーカーです。
そんなセレナ君の出張記録を振り返ります。

3ヶ月で貸した回数

オーナーになって3ヶ月、ドライバーに貸した回数は9回。
おぉ、こんなに貸してたんだ。改めて数えると思ったより多い。

8月9月は我が家にとってもレジャーシーズン。しかも10月は海外旅行(2018子連れハワイまとめ)に行っていたため1週間受け入れできない時期がありました。
「自分のファミリーキャンプに月2回使用+1週間NG」にして、この回数はかなり上出来ではないでしょうか?
車は使ってないんだけど、仕事の都合で受け渡しができずお断り、というケースは3~4回。
時間の融通がつきやすかったら、夏秋の3ヶ月で10回以上は貸せたんだな。

いいドライバーさんに恵まれたのか、幸いにしてここまで事後やトラブルはゼロです!

ほとんどが1泊2日のドライバーさんでしたが、1日の方もいました。
正直言って、1日の間に貸しと受け取りをするのはかなり面倒でした笑

3ヶ月の収入

明確に言っていいのかわからないので、オブラ~トに包むというか、なんとなく遠まわしにご報告しますと、

僕の車の駐車場が月22,000円です。
しかし、ちょうど駐車場代を自腹で払う必要はなさそう。って感じ笑
副業になるとかいうレベルではありませんね。
まぁでも首都圏で車を持つことの最大のデメリット"駐車場代"がまかなえるんだから御の字でしょう!

リクエストを増やすコツ

都心のターミナル駅を受け渡し可能にしておくことだと思います。
別にそこに住んでいなくてもいい。

  • 貸し出しの時には、車で走っていって、帰りは電車で帰ればいい。
  • 受け取りの時には、自宅周辺まで来てもらって、ドライバーさんを希望場所まで送っていけばいい。

時間的には結構ロスするけど、このひと工夫だけでリクエスト数はずいぶん違うと思います。
まずはエニカアプリの検索に出てくるかどうかが勝負ってことだからね。




エニカオーナーのメリット

エニカオーナーになって3ヶ月。トラブルゼロだからこそ思えるエニカのメリットはこんな感じ↓

駐車場代がまかなえる

先述したとおり、駐車場代はまかなえてます。

ドライバーとの絡みがおもしろい

ここ数回は、「ターミナル駅で貸し出し」「自宅周辺で受け取り」という方式が定着してきました。ラクだから。
そうすると、さすがにドライバーさんを駅まで徒歩10分の場所で返すわけにもいかないので、僕の運転で希望場所までお送りすることになります。
その間10分~20分程度のドライバーさんとのトークがけっこうおもしろい。

これまでにお話したこんな面白いドライバーさんたち

  • 自費でイベントを主催する渋谷のラッパー
  • 両親に家をプレゼントして給料が足りないから独立したプログラマー
  • 日本有数の規模を誇る登山サークルの代表者

などなど

自分の車がミニバンってこともあってか、なにかと趣味と仕事を紐付けて楽しんでるドライバーさんとめぐり合います。
自分が平凡なサラリーマンなことにちょっと物足りなさを感じる…笑
今までなんのつながりのない人たちとの一期一会はかなり癖になりますね。

オーナー間の関係

エニカ招待コードを利用させていただいたオーナーさんがアプリを通して色々と相談に乗ってくれました。
エニカが公には言えない「実際のところ」を教えてくださったり、
困ったときの対処方法なんかも助けていただきました。
このオーナー間の関係がなかったら、3ヶ月間うまくいかずにやめてたかも笑 いまいち使いづらいエニカアプリだけど、実施の貸し借りがないオーナー間でも連絡が取れるという作りだけはいい機能だなと思います笑

僕が利用させていただいた招待コードの持ち主はこの方↓





エニカオーナーのデメリット

とはいえ、人に貸すことはいいことばっかりじゃない。

事故のリスクがある

あたりまえですが、事故のリスクがあります。
エニカの保険が強制加入になっているとはいえ、免責10万円という決して好条件な保険じゃないし、壊れた車の修理だしは自分だろうし、手間はかかでしょう。まだ経験してないから悠長に続けられているだけかもしれません。

使いたくなるときがある

早いときは数週間前にリクエストを受けるときがあります。すると使いたくなる用が入ったけどしかたなく公共交通機関にしたり、逆にエニカのリクエストに合わせて自分の予定を組まなきゃいけないケースも出てきます。まぁお金をいただいてシェアしてるんだししょうがないよね。

ドライバーの都合に合わせるのが面倒くさい

予約確定時の事前のやり取りで、ある程度はこちらの都合に合わせることはできますが、特に返却時なんかは渋滞の影響があったり、急な変更があったりと、完全に自分の都合でやりきるのは難しい。夜眠いのに帰ってくるの待ってたりするときは面倒だなぁと思ったりもします。
ま、その程度だけど。

車が消耗する

たとえば、走行距離だったり。走行距離が伸びることによって、タイヤの消耗・エンジンオイルの交換タイミング・ベルトの消耗などなど、当然のことながら消耗品の寿命は自分だけの使用よりも早いでしょうね。
っていうか、自分で使うよりも貸してるほうが長く走ってる気がする。3ヶ月で9回も旅行しないし!笑

嘘つき

証拠はありませんが、保険対象じゃない人に運転させていた形跡を発見しました。
これはかなりのリスク!しかもそういう人に限ってお金がないからエニカ借りてます。みたいなパターン。
その疑いをもったドライバーも大学生でした。
追加運転手の保険料をケチるような人が、万一の無保険の事故に対処できる気がしない…
無事故でほんとよかった。

以上がいまんとこ感じてるメリット・デメリットです。




トラブル対策として

さて、エニカオーナーとして3ヶ月。自己防衛のために気をつけていることをご紹介。
予約リクエストをいただいた時点で、エニカの仕組みや事故時の対応、同乗者に運転させないか、保険の免責(最悪10万円払うことになるよ?)を知ってるかを全員に確認するようにしてます。

まぁ、実際に事故があったら揉めることになるかもしれないけど、規約もなにも読まずに借りようとする人対策としては多少意味があると信じて笑




いかがでしたでしょうか?少しは役にたったかな?
まだ新米オーナーなんですが色々と情報をアップしていこうと思います。
以下の招待コードはご自由にご使用ください!
経験者としてのアドバイスくらいののサポートはできると思います!

招待コード:anycadeanycar
(エニカでany car)

エニカの公式ページはこちら


ちなみにこんな車を貸出ししてます↓