おやこぶろ

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく6才と4才と1才サラリーマン

【育休パパ】28、29日目:これが育児ストレスか 〜そして、主夫になる〜





f:id:oyaco_blog:20160526001638j:image
えー、おととい、昨日とすんごいアクセスをいただいて若干とまどっている僕です。
見てよこれ↓
f:id:oyaco_blog:20160526003352j:image
これまで100越えるかな?なんてドキドキしていた毎日がちっこくなっちゃったじゃないかー泣笑
でもブログ生活で発見したママたちの悩みを紹介できたからそれはそれでよかった(^^)

とはいえ、こんなのはきっと一過性のもの。
こういう時こそ冷静になって、いつもの記事を書いていこうと思います。

いつもの記事

いつもの記事というのはこの親子風呂の主人公、長男ピロと僕がすごした4年前の育休生活の話です。
初回はこちら↓

妻復職に際して、育児と仕事両立のために取得した46連休を当時の日記で振り返る育休パパシリーズです。

おさらい

新しく読者になってくれた方に向けて少しおさらい。
  • 2012年、僕は東京勤務、妻は香川県高松市勤務
  • 長男出産に際して取得した産休、育休の間は家族3人で同居できていたけど、復職するには高松市に戻らなければいけない
  • 妻の実家は高知県
  • いきなり高松市での母子2人暮らしはキツすぎるので僕が46連休を取ったのです
  • 当時、長男ピロは1才5ヶ月
保育園入園前、はじめての長男ピロとの2人だけの時間。その後の慣らし保育。体調不良の呼び出し。などなど一つづつクリアしていきながらも、ちょっと疲れてきたみたい…

皮肉にもそれが世のママたちの気持ちに近づけたってことなんでしょうかねー。
なんてとこから日記は28日目に突入です↓


パパの育休28日目

ついに料理を担当する時が来ました。包丁もって果物切ったりはたまにするけど、まともに料理すんのは本当に3、4年ぶり!カレーだけど。
f:id:oyaco_blog:20160526065114j:image

ピロも初めて大人と一緒のカレーを食べさせてみた。めちゃめちゃ食べてくれてうれしーT^T
さすがカレー様。
野菜は細かく切ったよ。(食べかけ)
f:id:oyaco_blog:20160526065119j:image

しかし、料理とはなんて疲れる行為なんでしょうか。妻に感謝です。なんでも体験してみないと分かんないんだね。この日はカレー疲れーによりお風呂入ってそのままバタンQ~


パパの育休29日目

朝からさっさと家事を済ませて、お外へランニング。昨日は寝てしまったからな。
そのあと買い物やらなんやらしてたらあっという間にピロのお迎え時間。

子育てストレスを感じる…

実は最近なんだかストレスがたまってきているような気がしています。
ピロのイヤイヤが始まりつつあるのも1つなんだけど、何より高松生活で人と接する事がなくなったのが1番の要因。

職場のセンパイの奥さんが東京の生活に疲れて泣いてるって話聞いてたけど、気持ちがやっとわかったわ…
今ウチの奥さんは定時上がりだし、ピロもいるからマシな方だとは思うんだけど、それでもやはり1人の時間ってのは続くと相当のストレスになるんだなぁ。
あと、同じリズムの生活ってのも慣れない。9年間不規則な生活に慣れちゃうとなんか単調に感じてしっくりこない。
あれもこれも体験して初めてわかりましたぁ。


さて、4時になったらピロくんお迎えタイム。
近頃は玄関で靴を履くってのを覚えたみたい。下駄箱から自分の靴を出して、履かせて~のアピール。すごいぞピロ!
f:id:oyaco_blog:20160526070343j:image

帰り道は気晴らしに海でも見ながらサイクリングだ。
f:id:oyaco_blog:20160526070741j:image

さて帰ろうーと思ったらピロの靴が片方ない!
来た道を戻ってなんとか発見。高知の両親に買ってもらったピロのお気に入りだったから焦ったぜー。
f:id:oyaco_blog:20160526070757j:image

親父の焦りをよそにピロの無邪気な笑顔(^^)
いつもの生活にちょっとアクセントをつけるだけで、ピロもうれしいのかな?
ピロよ、君は悪くない。
育児ストレスなんて言ってごめんよ、俺もピロも疲れてたんだなーきっと。疲れのせいにしよう。ここは疲れさんに悪者になってもらおう。笑


今晩はカレーに飽きた奥さんがいつも通り料理してくれましたー。やっぱりウチはこれがいい♪


記録用

昼メシ、31玉目。さか枝。
あれ?今日はフツーだった。ウドンは生ものですからね、うまい時も普通の時もある。
f:id:oyaco_blog:20160526071306j:image

〜この日記は2012年4月18日に記しました〜