親子風呂

子育て、ハワイ、キャンプ、投資、あれこれ気になることを試していく5才と2才とサラリーマン


【育休パパ】26、27日目:最強の夕暮れ泣き、からの週明け親離れ 〜そして、主夫になる〜





f:id:oyaco_blog:20160519164313j:image
ここんとこ書きたいことが多すぎてすっかりご無沙汰してしまいました。って前回もそうだっなぁ。ブログのネタが尽きないのはいいことなんだけどね!!

さて、妻復職のために取得した46連休の主夫生活を当時の日記で振り返る育休パパシリーズです。

ところで、実は現在(2016年5月)妻妊娠中でございます。なんと3人目の男の子!笑
ファブリーズーーー!
心配性の僕としては何人目であろうとも男の子を求めているので万々歳ですが、妻はさみしいだろうなぁ(^^;
やっぱりお母さんからしたら同性が1人ほしいよねぇ。

そして…育休取得検討中でっす!はてさてどうなることやら。どうすることやら。

という話とは全然関係なく4年前の育休生活26、27日目です↓


パパの育休26日目

先日の落合氏の講演会でホテルのランチ券をもらったので、家族3人でクレメントのランチビュッフェへ。
うーん。ランチビュッフェは正直いまいちでした…
もっと高松感あふれるメニューと、パンは焼きたてを期待したいとこです。
f:id:oyaco_blog:20160519164459j:image
ピロはポテトがあればいいみたいね。

新屋島水族館

屋島の水族館に行きたいんだけど、車がない我が家は公共交通機関で行くしかないんです…
f:id:oyaco_blog:20160519164518j:image
こらピロー

非常に行きづらかったけど屋島はとってもいい景色。
f:id:oyaco_blog:20160519164537j:image

新屋島水族館は入場料1200円と少しお高い。かな?

お前がマナティか!でかいぜ。クロマニヨンズで甲本ヒロトさんが歌にもしてるぜ。
f:id:oyaco_blog:20160519164550j:image

ちょうど見れたイルカショーは劇仕立てになっててとても楽しめました!イルカすごい!
f:id:oyaco_blog:20160519164603j:image
↑飛んでるとこ。

じー。
f:id:oyaco_blog:20160519164628j:image

帰りのバスが1時間弱待ちとやはりマイカーじゃないと辛いけど、屋島は景色がめちゃめちゃいいから高松のオススメスポットですな。


そんなバス待ちの夕暮れ…


出ました夕暮れ泣き!
ここのところなりを潜めていた超号泣!

もうムリ!何をしてもムリ!お母さんでもお父さんでもムリムリ。手に負えねーーーーーーーー!!T0T
f:id:oyaco_blog:20160519164927j:image
産まれてから1、2位を争う最強泣き。
なんだ!なんなんだよ!

幸い帰りのバスまで1時間待ちだったので、屋島の高台で気がすむまで泣いてもらいました…

手に負えないときは諦めて泣き尽くさせるしかないんだね…人気のない屋外で2人いるときでよかった。これ家とか街中で俺だけの時だったら気ぃ狂うわ。恐るべし夕暮れ泣き。
「手に負えない時は、諦めて泣き尽くさせる」を覚えたわ…キツイけど。
人目がある時は「一生懸命あやそうとしているそぶり」をお忘れなく笑


屋島のミステリー坂

ところで、車で行く方にオススメしたい密かなお楽しみスポット「屋島のミステリー坂」!

屋島ドライブウェイという有料道路の一部がそう呼ばれているんですが…どんな坂かと言うと、そのミステリー坂、上り坂なのにギアをニュートラルに入れると、前に進むというしろものです。

不思議ですね〜。怖いですね〜。

見た所なんの変哲もない緩やかな上り坂なのに。
f:id:oyaco_blog:20160519165012j:image
香川の高松にいらした際には是非お立ち寄り下さい!


パパの育休27日目

週はじめの保育園の日。朝はとっても良い子でバイバイできました。それからは夕方まで楽しく過ごせたそうです。エライぞピロ!

昨日泣き尽くしたからかな(^^)
もう週末挟んでも大丈夫になったんだね。こうやって親離れしていくのかな。うるうる。

写真を撮り損ねて貼るものがないから昼メシに1人で食べたうどんでも。
f:id:oyaco_blog:20160519165139j:image
高松生活29玉目↑

夜は最近日課のランニング

今回は意地の10キロ!めちゃめちゃ頑張った甲斐あって、毎キロ6分ペースで頑張りました。やったぜ俺!自分に打ち勝ったー!達成感~。
f:id:oyaco_blog:20160519165155j:image
というワケで疲れたのでおやすみなさいー


〜この日記は2012年4月16日に記しました〜


編集後記

夕暮れ泣きについては、こんな記事も書きました↓
この時みたいに「お散歩に行く」ことで、環境が変わり、フと泣き止むパターンもあります。

でも、今回のように屋外で泣きわめくこともあるし…夕暮れ泣きはまったく予測不能。特効薬なし。

これを念頭におくことが大切かもしれません。
「なんで泣き止まないの!」なんて考えはじめたら精神をらやられます。
最後は諦め。『やまない雨はない』の精神で。
放置ではない。子どもと一緒に諦めの境地を楽しんでください。そのうち寝ますから。

言ってることが支離滅裂少ですが、僕としてはやっぱりお散歩をオススメします。近所に響け!空は高い!月まで届け!泣く子は育つ!笑